With my appreciation...

日頃ご愛顧いただき、まことにありがとうございます。

皆さまからの称賛のお声で、やる気もみなぎってまいります。 

I always appreciate for my sincere customers and their support.

YUICHI (ANGER FLARES/Bollocks編集長)

パンク雑誌「BOLLOCKS」の翻訳や海外バンドの通訳・アテンドでもお世話になってます!実際、バンドで海外ツアーにも行くのでこれからもネイティヴな英語、使える英語をもっともっと教わりたいと思います!(スラングも教えてもらえるし)
ネット環境があれば自分の好きな時間、
好きな場所で教えてもらえるのもいいね!

J. OHNO (RYDERS)

DVD Let's get together againでは、
全編にわたり字幕対応してもらいました。
あまりに大変な作業をお願いしてしまったけど、
丁寧に根気よく仕上げてもらい、
とても感謝してます!
これだけの物量を引き受けてくれる人は、
なかなかいないと思う。
過去リリースしたCDの歌詞では、
様々な人達に英語パートの協力をしてもらったけど、
それこそ解釈が人様々なので、
答えが簡単じゃない。
まあ迷う前にまず親切な、
こちらに相談してみるのがいいと思うよ!
THE RYDERS OHNO

玄輝(自営業)

私の最終学歴は中学校卒業。
学校もまともに行ってなく、成績はオール1。
英語も勉強したことがなく、全くの初めてでしたが、先生に教えていただき、半年以上経過した頃には、こんな私でも外国人の英語が聞き取れるようになりました。
簡単なコミュニケーションも取れるようになり、嬉しく思っております。
先生は教え方がズバ抜けて上手いですので、みるみる内に英語が上達してきました。
2週間に一度のペースでコレです!一回のレッスンは雑談も含めて濃いから、3時間ぐらいお願いしています。
これからも、頑張っていきたいと思います。

TATSU (Musician)

近年、スマホなどによって常時インターネットによる情報は国境はない時代です。
そんな状況下の中で、学校で習った英語や…よくある誰でも話せる何とかみたいなフレーズを集めた本や翻訳ソフトなどは、意外とネイティヴな英語とはかけ離れていて大恥をかく、せっかく知り合った気の合う友達とのコミュニケーションも小さな誤解が積もって、面倒臭くなったり...そんな経験があります。
そして、歌詞などは特に格好良くなければならない。
そんな時にONIZO’S LAGUAGE SERVICEはまさに鬼に金棒です。
From.Tatsu